Windows 10 で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには



本稿はプレビュー版での記事です。Windows 10正式版での操作設定は
●Windows 10 で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには
を参照してください。

人の出入りが多いビジネス現場などでは、デスクトップを操作可能のまま放置するのは危険です。
パソコンを人に触らせないためには、「ロック」を実行すればよいのですが、ついつい忘れて席を離れてしまった場合などを想定するのであれば、以下の「一定時間操作をしない場合にはロックする設定」も有効です。

○設定手順

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「個人設定」を選択します。「スクリーンセーバー」をタップ/クリックします。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)で一定時間経過したら、デスクトップを自動的にロックさせるには
☆「スクリーンセーバー」を設定したうえで、待ち時間を指定し「再開時にログオン画面に戻る」をチェックします。

帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112

■■ Win10jp 人気記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

HP Directplus オンラインストア
富士通 FMV LIFEBOOK UH
デル株式会社
東芝ダイレクト
ソフマップ・ドットコム ビックカメラ.com VAIO STORE ASUS 公式ストア
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) Microsoft Store (マイクロソフトストア)
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


このWebについて

    ※記事引用の際は、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体やまとめサイトの方は事前連絡&当方了解の上で掲載をお願いします)。