セキュリティ担当者として知っておくべきこと 先輩がやさしく教える セキュリティの知識と実務 [2章解説の知識]

OSにあらかじめ標準搭載されているセキュリティ機能で必要十分(市販セキュリティソフトは必須ではない!)

 いわゆる市販のセキュリティソフト(アンチウィルスソフト)を別途導入する必然性はなく、任意導入になります。本書で述べる、PCとネットワークを管理することによる総合的なセキュリティ対策をしっかり行えば、Windows 10に標準搭載されている「Windows Defender ウィルス対策」でマルウェア対策機能は必要十分です(PCで現在動作しているセキュリティプロバイダーの確認は3章02項)。

 むしろWindows Defenderは標準機能であるため、OSとの互換性問題が起こらずトラブルが少ない点においてはサードパーティ製のセキュリティソフトより優れているので(マルウェア対策機能は特性上システムに食い込んで動作するので相性問題が発生しやすい、図2-9)、安定性が重視されるビジネス環境では大きな強みになります。

Windows 10はバージョン更新で永続的なサポートが受けられる(永続的なセキュリティアップデート)

 これまではWindows 7の次がWindows 8というかたちで、新機能が搭載されたOSを手に入れるにはお金を払って購入しなければならなかったのですが、Windows 10では新機能が永続的に無償で供給されます。

 Windows 10は永続的に機能アップグレードする(つまりWindows 11などは登場しない)ことになっています。もちろん新機能だけではなく、セキュリティアップデートも供給され続けます。

新しいPCのほうがセキュリティに強い(Windows 7からWindows 10へのアップグレードは?)

今使っているPCにはWindows 7が入っているのですが、このPCをWindows 10にアップグレードして使用してはいけないのでしょうか?

 Windows 7をWindows 10にアップグレードして利用しても構いません が、Windows 7の環境を残したままWindows 10にアップグレードすると、以前の環境を引き継ぐという特性上、サポートが終了した脆弱性のあるアプリや悪意の含まれるプログラムが残存する可能性があります。そのため、環境がリセットされる「クリーンインストール」がセキュリティ的に推奨されます。
 セキュリティ対策をしっかり行えるPCという意味では、ハードウェアとしてもWindows 10があらかじめ搭載されたPCが理想になります。

マルウェア対策機能の役割と基本動作

 マルウェア対策機能は、実生活における警備員のようなものだと考えてください。ウィルスデータベース(指名手配リスト)に従って侵入してくるもの(ファイル)を調査して悪意あるものの侵入を防ぐ他、今までの犯罪事例や犯罪者の特徴に従って該当する怪しいものの侵入や動作を防ぎます(ヒューリスティック機能)。
 ただし、このような悪意あるものに対するチェックは漏れが起こることもあります。

ITの世界はクラウドサービスが大きな収入源になっている

 OSやWebブラウザの設定などを確認すると、多くの場面でクラウドサービスへの誘導が行われ、クラウドアカウントを作成して利用するように勧められます。これは、OSにおいても各サービスにおいてもクラウドが大きな収入源であるからです。

~中略~

 これはPC外のクラウドに情報が保持できるから安全という言い方もできればクラウドという私たちが管理・監督できないサーバーに個人情報やデータファイルを預けていると捉えることもできます。  自社のビジネス環境に照らし合わせて必然性がない場合には、クラウドへの誘導を無視することが有効なセキュリティ対策になります。

(セキュリティ問題との切り分けのための)PC本体の基本構造とハードウェアの正常性を確認

PC本体のハードウェアとセキュリティ対策になんの関係があるのでしょうか?

 例えばPCの動きがおかしくなった場合、セキュリティ的な問題(例:マルウェアに侵されている)、ハードウェアトラブル(例:PC本体やストレージ故障)、ソフトウェア的な要因(例:アプリの不具合や相性、OSのトラブル)などが考えられます。

 トラブルの原因の見極めができないと、マルウェアの可能性を排除できない(他のトラブルが要因であるかわからない)というリスクと不安を負うことになります。
 しかし、PCを構成するハードウェア(PCパーツ)の役割を知っておけば、トラブル時に「ハードウェア的な要因であるか否か」を見極めて対処することができるのです

詳しい解説は...

[書籍]先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務

先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務

Windowsネットワーク上級リファレンス Windows 10/8.1/7完全対応

■■ Win10jp 人気記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

HP Directplus オンラインストア
富士通 FMV LIFEBOOK UH
デル株式会社
東芝ダイレクト
ソフマップ・ドットコム ビックカメラ.com VAIO STORE ASUS 公式ストア
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム) Microsoft Store (マイクロソフトストア)

このWebについて

    ※記事引用の際は、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体やまとめサイトの方は事前連絡&当方了解の上で掲載をお願いします)。