Windows 7が愛された理由 (第14~16話)- 連載:Windows 7サポート終了に伴うPC環境移行

Windows 10よりもWindows 7の方が使いやすい? (第14話)

 世の中では未だWindows 7の方がWindows 10よりも使いやすいという人がいますが、本当にそうでしょうか?

 実は、Windows 7がなぜ「愛された」のか、なぜ高い評価なのかを冷静客観的に検証するとWindows 7そのものの実力だけではなく、別の要因も多々存在したことがわかります。
 「Windows 7は使いやすくて必要十分」また「もはや新しいOSを無理に導入する必要はない」という考え方には、 Windows 7を抱きしめてハートマークの黒猫
立派な裏付けが存在したのです(次回以降の連載で詳しく語っていきます)。

 そしてWindows 7が愛された理由を知れば、「Windows 7が最も使いやすい神話」は もう過去のものであり、現在は「Windows 10をチョイスすべき」であることを納得したうえで導入を進めることができます。

 Windows 7における利点やWindows 8の問題がWindows 10にどのように継承されてるのかなど、Windows 10ならではの機能や特徴を予め理解しておけば、スムーズにWindows 10 PCに環境移行して活用することができるのです。

 本節ではまず「Windows 7が愛された理由」を連載で語り、次節では「Windows 10の利点(及びWindows 7からみた違い)」を語ることとします (つづく: Win10.jp) 。

Windows 7は先代Windows Vistaで引き立った (第15話)

 Windows 7が愛された理由の一つに「Windows Vista」の存在があります。

 Windows OSはコンシューマーリリースとしては
「Windows XP→Windows Vista→Windows 7」
とリリースされてきましたが、Windows Vistaは開発に手こずった関係上、本来Microsoftの計画では3年毎に PCをいらいらしながら操作する黒猫、貧乏ゆすり
新しいWindows OSのリリースする予定でしたが(現在ではこの考えは異なります)、Windows XPからWindows Vistaのリリースまでには実に5年以上を要しました。

 一般ユーザーにとってはWindows XPの利用期間が長く(←ここ、Windows 7への愛にもかぶります)、この点で「Windows XPのほうが使い慣れている」ということと、
Vista

Windows Vistaは動作が重くUI(ユーザーインターフェース)が遠回りだったために「どうしてWindows Vistaにしなければならないのか?」と疑問視されるようになり、結果古いWindows XPにダウングレードするという珍現象まで起きました。

 もちろん、老朽化して設計が古く新しい時代のテクノロジーに対応できないWindows XPには限界があり(内部的には確実にLonghornコアの方が優れる、 連載で随時 )、Windows VistaよりもUIが洗練されかつ高機能な「Windows 7」は待ち望まれ、実際にリリースされると爆発的な人気になったのです。

 つまり、「Windows Vistaが使いにくい(内部設計は良いものの)」と対をなすような形で、「Windows 7が最も使いやすい(UIの改善)」につながったのです。

 Windows Vistaが比較的評価が低かったこと・・・「Windows 7が愛された理由」の一つにはこのようなファクターもあるのです (つづく: Win10.jp) 。

でもWindows 10があるのはWindows Vistaがあったからこそ (第16話)

 「Windows 7が愛された理由」に Windows Vistaの不人気を語りましたが(前回) 、人気はともかくWindows VistaはWindows OSの歴史を俯瞰で見ても存在意義のあるOSでした。

 Windows XPは「各国語版が各国で発売される」つまりは「各国でXPを作り直した」という今では考えられない仕様のOSだったのに対して(つまりOSのコア部分が各国で異なっていたため、別国作成アプリの互換性は完璧ではなかった)、Windows Vistaでは「シングルバイナリ」になり、言語パックで各国の言語に対応できるようになりました(つまり、英語版を購入しても日本語化にできる、現在のiOSやAndroid OS同様)。

 また、Windows XPにも64ビット版は後付的に存在こそしましたが
Vistaをぽいする猫 輸入したPCを日本語化して利用する黒猫、あるいは「進化」を掲げたPCに納得する(うなずく)黒猫
「64ビットWindows OS」が本格的にコンシューマーリリースされ、普及の足がかりになったOSがWindows Vistaでもあります(現在PCを購入した場合、バンドルされるWindows 10はほぼ「64ビット版」、32ビット版と64ビット版の違いはいずれこの連載で解説します)。

 過去には「Windows Vistaは重い」は「古いCPUでは遅い」という事実も確かにありましたが、Longhornコアにおける「新しいCPUやデバイスが活かせる」設計により、実は当時でも新しいハードウェアを用意すればWindows XPよりも遥かに快適に動作できるOSだったのです。

 ちなみに、Windows VistaのコードネームはLonghorn(ロングホーン)であり、いわゆるOSのコア部分を「Longhornコア」と呼称しますが、実はWindows 7もWindows 10もLonghornコアの系譜にあり、現在のWindows OSの基礎となったのがWindows Vistaなのです (つづく: Win10.jp) 。
Vista
Windows 10上級リファレンス

■■ Win10jp 人気記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

HP Directplus オンラインストア
富士通 FMV LIFEBOOK UH
デル株式会社
東芝ダイレクト
ソフマップ・ドットコム ビックカメラ.com VAIO STORE ASUS 公式ストア
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

このWebについて

    ※記事引用の際は、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体やまとめサイトの方は事前連絡&当方了解の上で掲載をお願いします)。