Win7を使い続けるリスク (第07~09話) - 連載:Windows 7サポート終了に伴うPC環境移行

Windows 7の「サポート終了」と「セキュリティリスク」を知る (第07話)


 2020年1月14日以降、Windows 7マシンを利用してはいけません。必ず「環境移行」が必要で、環境移行先はWindows 10マシンになります。

 これはさんざん世の中で騒がれていることですが、「なぜWindows 7を利用してはいけないのか」をきちんと 「悪意」などと書かれたミサイルや槍の攻撃を受けるWin7 PCをただあぜんと見守る黒猫
把握することは重要であり、環境移行における目的の明確化にもつながります。

 逆の言い方をすれば、「新PC(Windows 10マシン)を購入すべき理由」をきちんと理解すれば、新しいPCへの環境移行も「だらだら」とではなく「覚悟」と「目的」を持って実行できるというものです(つづく)。

「Windows 7のサポート終了」の意味 (第08話)


 2020年1月14日にWindows 7のサポートが終了します。

 これは単に「電話でのサポートが終了した」という意味ではなく、セキュリティ更新プログラムの提供や技術情報のアップデートなどのサポートが終了するという意味です。

 現在のITの世界では新しい技術が日進月歩で進化しており、また残念ながら「悪意(マルウェア、ウィルスやワーム等を含めた悪意を「マルウェア」と称します)」も日々進化しています。

 PCに触れているということは、新しい攻撃にさらされ、また巧妙な罠が Win7からWin10にするきちんと移行する賢い黒猫
仕掛けられることがあることを意味しますが、Windows 7ではこのような「新しい悪意や攻撃」に対応できなくなるのです。

 Windows 7でもサポートを継続してセキュリティアップデートを続ければよいではないか? と思うかもしれませんが、Windows 7の登場は2009年7月であり、実に10年もサポートを継続したことになります。
 一般的な家電製品の部品保有期間などに比べても十分に長いサポートが行われており、またシステム構造的にも新しい時代(新しい機能&新しい攻撃)に対応するには限界があるのです。

 よって、Windows 10に移行すべきというのが結論になるのです。

情報漏洩というセキュリティリスク (第09話)


 Windows 7を利用し続けることにはさまざまなリスクが存在しますが、着目すべきはセキュリティリスクであり、まず「情報漏洩」については知っておく必要があります。

 「情報漏洩」とは、 PCからなどの個人情報がだだ漏れ、焦る黒猫
セキュリティを破られることでデータが盗まれる、あるいは日ごろの操作やパスワード等が盗み見られる(キーロガー)などのPC上での各種情報の漏洩です。

 このような情報漏洩は金銭的なダメージや信頼を失うなどの自身&自社のダメージのみならず、結果友達や取引先にも迷惑をかけることになります (つづく: Win10.jp) 。
Windows 10上級リファレンス

■■ Win10jp 人気記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

HP Directplus オンラインストア
富士通 FMV LIFEBOOK UH
デル株式会社
東芝ダイレクト
ソフマップ・ドットコム ビックカメラ.com VAIO STORE ASUS 公式ストア
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
Surface Proの「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。

  • 橋本情報戦略企画 書籍一覧
    https://amzn.to/2hyaYhw
  • ●Microsoft MVP 「橋本和則」 https://mvp.microsoft.com/
  • ●Windows Insider MVP 「橋本直美」 https://insider.windows.com/
  • 橋本情報戦略企画 業務内容実績 https://hjsk.jp


  • ※執筆/インタビュー/講演セミナー/広告等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします(業務依頼は法人に限らせていただきます)。


Microsoft Store (マイクロソフトストア)

このWebについて

    ※記事引用の際は、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体やまとめサイトの方は事前連絡&当方了解の上で掲載をお願いします)。