Win10コマンドで「ローカルセキュリティポリシー」を起動する

 『ローカルセキュリティポリシー』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『SECPOL.MSC』で起動できる。
コマンドで「ローカルセキュリティポリシー」を起動する
コマンドで「ローカルセキュリティポリシー」を起動する

Win10コマンドで「サウンド」を起動する

 『サウンド』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『MMSYS.CPL』で起動できる。
コマンドで「サウンド」を起動する
コマンドで「サウンド」を起動する

Windows 10の「コンポーネントサービス」をコマンドで起動する(1903)

 『コンポーネントサービス』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『COMEXP.MSC』で起動できる。
コマンドで「コンポーネントサービス」を起動する
コマンドで「コンポーネントサービス」を起動する

Windows 10 ウィンドウ一括表示・非表示系

表示されているすべてのウィンドウを透明化してデスクトップを眺める

すべてのウィンドウをすべて透明化してデスクトップを眺めるには、以下の手順に従います。

○デスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化

Windows 10 のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法
☆タスク バーの時計の右側にある領域を右クリックし、メニューから「デスクトップのプレビュー」にチェックをつけます。

Windows 10 のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法

Windows 10 のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法

☆タスク バーの時計の右側にある小さなボタン「デスクトップの表示」をマウスでポイントします。デスクトップ上に表示されているウィンドウが全て透明化され、ウィンドウの枠だけになり、デスクトップを見ることができます。


Windows 10 終了時に開いていたフォルダーを復元する

旧Windowsでは、フォルダーを開いた状態でWindowsを終了すると、次回起動時に開いていたフォルダーがデスクトップに復元されました。
この次回起動時に開いていたフォルダーの復元をWindows 10のデスクトップで実現したい場合には、以下の設定を行うようにします。

○設定手順

デスクトップ上で、Windows 10 終了時に開いていたフォルダーを復元したい場合には
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。「表示」タブ、「ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する」をチェックします。

Windows 10 ユーザーアカウント関連設定

新しいMicrosoftアカウントを作成するには

Windows 10 のデスクトップを複数のユーザーで使い分けたい、あるいはネットワーク機能で任意のユーザーアカウントに対して接続許可設定を行いたい場合には、「ユーザーアカウント」を任意に作成しておく必要があります。
以下では、ユーザーアカウントの作成手順を説明します。

○作成手順

Windows 10 で新しいユーザーアカウントを作成するには
☆設定の「アカウント」-「家族とその他のユーザー」を選択します。「その他のユーザーをこのPCに追加」をタップ/クリックします。

Windows 10 で新しいユーザーアカウントを作成するには
☆すでにメールアドレスがある場合はメールアドレスを入力し、「次へ」をタップ/クリックします。

Windows 10 で新しいユーザーアカウントを作成するには
☆メールアドレスがない場合は、「このユーザーのサインイン情報がありません」をタップ/クリックします。

Windows 10 で新しいユーザーアカウントを作成するには
☆メールアドレスやパスワードなどを入力します。後はウィザードに従います。

Windows 10 電源禁止と禁止状態での電源操作

電源操作を禁止してWindowsを終了/再起動させない

該当パソコンに触るオペレータが勝手に電源操作を行えないようにするためには、電源関連操作を消去して、ユーザーによる電源操作を抑止します。
該当パソコンの電源操作(シャットダウンや再起動)を実行されてしまうと、困るような状況で適用します。

○設定手順

Windows電源操作を禁止するには
☆「ファイル名を指定して実行」に「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。
Windows電源操作を禁止するには
☆「ユーザーの構成」-「管理用テンプレート」-「タスクバーとスタート画面」と選択。「シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする」をダブルタップ(ダブルクリック)します。


Windows電源操作を禁止するには
☆ダイアログから「有効」を選択します。


Windows電源操作を禁止するには

Windows電源操作を禁止するには
☆電源関連の操作ができなくなります。

Windows 10 で共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには

パソコン内の任意ファイルを、他のパソコン(クライアント)からネットワーク経由でアクセス可能にしたい場合には、「共有フォルダー設定」を行います。
「共有フォルダー設定」を行えば、Windowsシリーズの全てでファイル共有を行うことも可能です。 また、共有フォルダーを「読み取りのみ」にするか、「読み書きOK」にするかは、「Everyone」ユーザーアカウントに対して設定を行います。

○基本設定手順

共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆共有したいフォルダーを長押しタップ/右クリックしてショートカットメニューから「プロパティ」を選択します。

Windows 10 フォルダー関連カスタマイズ

ドキュメント系の場所(ロケーション・フォルダーターゲット)を移動・変更する

ユーザードキュメント(ユーザーのファイル)のドキュメント」や「デスクトップ」の実際の保存場所であるターゲットフォルダーロケーションを変更したければ、以下の手順に従って設定します。
「ダウンロード」「お気に入り」など、ほとんどのユーザードキュメントの保存場所を変更することが可能です。

○移動手順

ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆「WIN」+「E」キーでエクスプローラーを起動し「PC」を選択します。「Cドライブ」-「ユーザー」-「(ユーザー名)」と選択します。移動したいユーザードキュメントを長押しタップ/右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆「~ プロパティ(移動対象によって名称は違います)」の「場所」タブで「移動」ボタンをタップ/クリックします。


ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆移動先を指定し、「フォルダーの選択」ボタンをタップ/クリックします。

ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆移動先に間違いがなければ「適用」ボタンをタップ/クリックします。


ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆フォルダー移動を任意に行います。基本的には「はい」ボタンをタップ/クリックして現在フォルダーに存在するデータを、新しいフォルダーと統合するようにします。

Win10コマンドで「スタートメニューのプログラム(システム)」を起動する

 『スタートメニューのプログラム(システム)』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『shell:common Programs』で起動できる。
コマンドで「スタートメニューのプログラム(システム)」を起動する
コマンドで「スタートメニューのプログラム(システム)」を起動する

Win10 でデスクトップスタイルIEのジャンプリストで表示される「よくアクセスするサイト」を削除する方法

該当アプリケーションで使用されることの多いドキュメントやWebサイトなどに簡単にアクセスできる「ジャンプリスト」は、タスク バーに表示されているアイコンを長押しタップ/右クリックすると表示できます。
Windows 10でIEのジャンプリストで表示される「よくアクセスするサイト」を削除する方法
Internet Explorerの「ジャンプリスト」であれば「よくアクセスするサイト」が表示されますが、これは結果的に閲覧した履歴が表示されることになります。 この「よくアクセスするサイト」を削除したい場合は以下の手順で一括削除することができます。

○IEのジャンプリストで表示される「よくアクセスするサイト」を削除する方法

Windows 10でIEのジャンプリストで表示される「よくアクセスするサイト」を削除する方法
☆Internet Explorerを起動し、「ツール」-「セーフティ」-「閲覧履歴の削除」を選択します。

Win10 でファイルをリボン操作でコピーするには

ドラッグアンドドロップによるファイルのコピーや移動操作は複数のファイル選択等が絡むと「Ctrl」や「Shift」を押すタイミングが難しく、またドロップ先を間違えてしまう可能性もあります。
このようなドラッグアンドドロップによる不確定な操作を避けたければ、「リボン操作によるコピー」を利用します。

○コピー操作

#Windows 10でファイルをメニュー操作でコピーするには
☆エクスプローラーでコピーしたいファイルやフォルダーをあらかじめ選択しておきます。エクスプローラーから「ホーム」タブ、「整理」内、「コピー先」をタップ/クリックします。

Win10 で複数起動しているプログラムを切り替える方法

Windows 10の現在起動中のプログラムは、タスクバー上のアイコンをマウスで押さえるとそのプログラムのサムネイルが表示されます。そのサムネイルを利用して複数起動しているプログラムを簡単に切り替える方法を紹介しましょう。

○複数起動しているプログラムを切り替える方法

Windows 10で複数起動しているプログラムを切り替える方法
☆デスクトップにウィンドウをいくつか配置します。現在起動しているプログラムのタスクバーアイコンをマウスで押さえるとそのプログラムのサムネイルが表示されます。

Win10 で「Snipping Tool」を利用してキャプチャする

Windows 10では、デスクトップの様子を画面として保存できる「Snipping Tool」というツールが標準添付されています。
このツールを利用すれば、デスクトップの好きな部分を切り取り、画像をファイルとして保存することができます。

○「Snipping Tool」で画像を取得する

Windows 10でデスクトップの様子を画像として保存するには
☆スタート画面のすべてのアプリから「Windowsアクセサリ」-「Snipping Tool」をタップ/クリックします。

Win10コマンドで「アプリ設定保存フォルダー(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local)」を起動する

 『アプリ設定保存フォルダー(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local)』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『shell:Local AppData』で起動できる。
コマンドで「アプリ設定保存フォルダー(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local)」を起動する
コマンドで「アプリ設定保存フォルダー(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local)」を起動する

Win10コマンドで「ユーザーの主要情報格納フォルダー(C:\Users\<ユーザー名>)」を起動する

 『ユーザーの主要情報格納フォルダー(C:\Users\<ユーザー名>)』にコマンドですばやくアクセスしたければ、
「ファイル名を指定して実行」(ショートカットキー[Windows]キー+[R]キー)から『shell:Profile』で起動できる。
コマンドで「ユーザーの主要情報格納フォルダー(C:\Users\<ユーザー名>)」を起動する
コマンドで「ユーザーの主要情報格納フォルダー(C:\Users\<ユーザー名>)」を起動する

■■ Win10jp 人気記事を抽出■■

悩める主婦におくる今日の献立

Windows関連サイト

HP Directplus オンラインストア
富士通 FMV LIFEBOOK UH
デル株式会社
東芝ダイレクト
毎日の生活に役立つ!面白い!『こんな便利な商品があったのか!!』特集 ビックカメラ.com VAIO STORE ASUS 公式ストア ソフマップ・ドットコム ビックカメラ.com
デル株式会社
リコレ!ソフマップの中古通販サイト
Windows 11の情報は [Win11jp]
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
Outlook 2019 やさしい教科書 Outlook 2019 やさしい教科書
令和の新定番! もっとも売れているOffice入門書シリーズに遂に「Outlook 2019」が新登場! ビジネスやプライベートで広く利用されているOutlook(アウトルック)の使い方を、とことん丁寧に1つずつ紹介しています。また、仕事で役立つ便利な機能や時短テクも多数掲載!さらに、予定表や連絡先、タスク管理機能などの使い方も完全網羅! この一冊があれば、Outlookの使い方を完璧にマスターできます!
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務 先輩がやさしく教えるセキュリティの知識と実務
  [はじめに] [目次]
「セキュリティ対策」は必須です。本書は「業務のしやすさと高いセキュリティレベルを両立できる」ことがポイントで「コストをかけない安全なセキュリティ対策」を、やさしく知識と経験のある先輩が、疑問や不安のある後輩に教えるように親切&丁寧に解説しています。
[完全改定版]Windows 10上級リファレンス v2 新登場 Windows 10上級リファレンス 全面改訂版   [はじめに]   [完全目次一覧]  
前回著書と同じページは一つもなし! 最新Windows 10のカスタマイズ・操作・セキュリティ・ハードウェア・PC管理・ショートカットキーとWindows OSの歴史などWin10を知る&総合的なPCスキルに身につけるための各種解説を満載!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

このWebについて

    ※記事引用の際は、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体やまとめサイトの方は事前連絡&当方了解の上で掲載をお願いします)。